仕事の合間にゲームするのか。ゲームの合間に人生するのか。

だらだらと、でも、一生懸命にゲームを楽しんでます。

20180124号外その2 【スクメロ】【レグルス関連】スクールガールストライカーズ~トゥインクルメロディーズ~Melody Collection が届いた!

【スクメロ】

【レグルス関連】

f:id:witchhat:20180124140649j:plain

結局今日届いたCDは通常盤1枚。

限定盤含めリリースイベントの時に買ったCDは明日以降かな?

 

またここから感想だの何なのだらだら書いていきます。

 

07.「ユートピア」(アプリコット・レグルス)

 

非公式の人気投票でも常に上位独占のこの一曲。

 

歌姫という薫ちゃんの設定に恥じない熱唱と、ライブで観ることができるほか4人のキレッキレのダンスは一見一聴の価値アリ。

 

これに関しては、自分があれこれ言うよりも薫ちゃん推しの方の感想ツイを見てくれとしか言えない。

 

透明な歌声を乗せて、壮大な伴奏が盛り上げる。

独自の世界が出来上がっている、完成度の高い楽曲。

 

08.「優しい風」(アプリコット・レグルス)

 

アプリコット・レグルスの癒し担当、香澄ちゃんセンターの曲。

 

愛くるしいネコダンスは、一度だけ行ったこるみのミニライブでもMCで取り上げてくれるほどのインパクト。

歌取りをした日からずいぶん経っているのか、最近の香澄ちゃんの優しい風は本当に上手になったと思う。

香澄ちゃんには一番の成長と可能性を感じる。

 

内容は、まさに香澄ちゃんの癒しを謳ったような歌詞が並び、それをプリティに歌い上げている。

朝起きるときに聴くと、気持ちよく目が覚めそうな・・そんな癒し。

 

なお、ゲームでは歌詞が始まるまでが一番の難所だったりする。

 

09.「蒼のメモリー」(アプリコット・レグルス)

 

CDを手にして一通り聴いた方々の度肝を抜いた今回のダークホース的な曲。

 

1番は、ゲームでもおなじみのかっこいい曲なので渚ちゃんの美声を普通に堪能。

2番からCメロになると、よりかっこよさが増し、渚ちゃん推し感涙の展開に。

ここまでは、普通によかったのだ。

 

ラスサビ前。

「決して色褪せないで~蒼のメモリ~♪」

とパワーボイスでかっこよく歌い上げてるのは・・

えっ? 真央ちゃ・・? いや、ジェナさ・・いや真央ちゃん!!

「ざ~んこくな う~つくしさで~♪」

と返すのも、なぎs・・? あれ、知里ちゃ・・いやいや渚ちゃん!?

 

某ユニットを彷彿とさせる歌い方で自分もご多分に漏れず度肝を抜かれてしまった。

この不意打ちはずるい。

 

10.「サテライト・ラブ」(ココナッツ・ベガ)

 

切ない感情を、大人の魅力で歌い上げた一曲。

 

一途な想いが伝わってくる歌詞に、しっとりと歌い上げる5人。

 

正直最初はそんなに好きというわけでもなく、普通の感想だったのだが。

スルメ曲とでもいうのだろうか、意味がわかってきて、何度も聴いてるうちに、自分の中で耳に残る良曲となっていった。

 

それにしてもリョーコちゃん可愛い(意味不明)。

 

11.「Southern Cross」(プロキオン・プディング)

 

ゲームでは最高難易度を誇る、イベントのメドレーに出てくると様々な感情が渦巻く、通称「ラスボス曲」。

 

改めて曲に集中して聴いてみると、天音ちゃんの感情と読み取れなくもない、内面の弱さをしまって手の届かない高みに進んでいこうという強い意志に心を打たれる。

 

それを春日さんの曲がかっこよく、それでいて深みのある音楽に仕上げている感じ。

 

もう、天音ちゃんにネコグッズあげたくなっちゃう!

 

12.「ハートビーツ」(ビスケット・シリウス

 

ゲームでは600以上のノーツを持つ、メドレーに出てくると合わせて1000コンボ以上の記録を叩き出す人気曲。

 

軽快な曲に合わせて、でも歌詞はどこかどことなく淡い恋?

 

これって、もしかして・・二穂様の・・昔の体験・・?

なんてニヤニヤしながら聴いてしまう一曲。

 

たぶんライブでオリジナル再現は不可能な曲。

中の人的に。

 

13.「Snow Planet」(アプリコット・レグルス)

 

この曲を最後に持ってくるあたり、やはりわかっていると言わざるを得ない。

 

富永美杜さん作曲らしく、ところどころにこるみ調な旋律が流れてくる。

ライブでもゲームでもファンから高い評価を受け、現在ではレグルスの代表曲の一角になるほど。

 

特に、5人が輪になり、星型を描くように順々に歌い上げていくその様子は芸術をも感じる。

 

これからのアプリコット・レグルスの方向性を示しているのかもしれない。

とにかく何度も聴いてみたくなる曲なのは間違いない。