仕事の合間にゲームするのか。ゲームの合間に人生するのか。

だらだらと、でも、一生懸命にゲームを楽しんでます。

20180227-0309 【スクメロ】家族で走ったトゥインクルパーティ「Make A Wish」その2

【スクメロ】

 

前記事。

 

f:id:witchhat:20180311091325p:plain

今回から「舞いコレ」がメドレー候補曲に入っていたため、「ハートビーツ」との組み合わせで最大コンボ数1223を観測!

 

イベントの話の続き。

 

2日目以降は、息子のアカウントをとりあえず6万ptにあげ、自分のもとりあえず6万ptにあげる。

とりあえずなんて表現を使ってしまうと「6万ptもためるの大変なんだけど」と思われる方もいるかもしれないが、自分にとっては本当に6万ptはただの通過点なので、そう言わせてほしい。

 

ここまでやったら、妻のアカウントもあるしついでにあげちゃえってことで、妻のiPhoneを借り(ひったくり)、6万ptまでひたすら走る。

この間、自分のiPhoneはスクスト、iPadはプリコネRという3足のわらじ状態だった。

(3足のわらじって表現は我ながらどうかと思う)

 

妻はその間、ゲームはできないがタブレットがあるのでいろいろなサイトを回って時間をつぶしてくれていたようだ。

 

こうして、3アカウントすべて香澄10凸分獲得。

次の目標として、3アカウントをランキング画面1枚におさめることにする。

つまり、ポイントを3つとも近づける作業。

 

これは意外と早く終わった。

f:id:witchhat:20180311093807j:plain

iPadからの撮影なら5アカウントくらい表示できたのだが、iPhoneで撮ってしまった。

 

ここまででだいぶ睡眠時間も確保できたし、資金もできたし、このへんからギアアップを始める。

 

といっても、セカンドサードにした程度のギアチェンジだし、フルスロットルとは程遠いけど。

 

それでも、紅蓮さんやLONTEさんなど上位陣の動向は常にチェックし、いつからスパートをかければ勝てる可能性があるかはちゃんと見ていた。

スローペース展開が幸いし、こちらもワンチャン2位あるなーとこの時は思ってた。

 

この時トップのJUSAさんはこの時点でまくれないのがわかるほどの独走状態。

 

まあ仮定の話になってしまうが、おそらく自分の準備万端でガチ並走決めていたら、いい勝負になっていたかもだけど・・

その代わり、絶対にこのイベント曲は心から楽しめなかったと思う。

それほどまでに手ごわい相手だからねぇ。

 

でもまあ、全力でぶつかれば勝負くらいはさせてもらえるんだと、前回のイベントで感触を得られたのだけは大きいと思う。

 

なにせ、自分が初めてまともにランキングを意識した「晴空キラリ」においてフランク♂さんと伝説の頂上決戦を演じてきた方だし、「スノプラ」ではこちらが走っても走ってもサクっと追い抜かれて、力の差をまざまざと見せつけられたし、「舞いコレ」ではこちらは正月返上で走ってみたけど、推しへの感情と持っている地力でマカロンなのにミリオンですよ、ミリオン!

 

「キミボク」イベントで常にいい勝負させてもらえたことがまじ奇跡だしいい経験だったわ、と思うほど。

 

今回もしっかり走ってて、今回は申し訳ないが早々にトップをあきらめるには充分だった。

 

まあ・・片手間でやっててトップ取れるほど甘くはないんだけどね。

 

今回のスクメロイベントの最中、公式生放送で新情報(特にミラとかミラとかミラ実装とか)が飛び出したり、家族を連れてライブイベントに足を運んでみたり、ある日みやっちさんが明佳里部を創設したことをきっかけに一気にレグルス各員の部が創立される出来事があったりした。

 

公式生放送では久しぶりにみるレグルス5人の姿に感涙し、そしてついに推しが実装間近ということもあり、やる気が青から黄色にアップ!

そして、以前更新したがKRGSとcallmeのイベントに参加できてやる気が黄色から赤にアップ!

さらには各部創立に伴い、今回は「香澄部」として走ることを決め、やる気が赤からピンクにアップ!

 

なんだこのやる気の色は?と思われるかもしれないが、元ネタあるけどあえて解説せず。

とにかくやる気がモリモリ上がっていったと思っていただきたい。

 

そして、気持ちをトップギアに入れ、フルスロットルで追走を始める。

もちろん、家族アカウントは各自に任せ、自分ひとりだけで追い込み開始。

 

最終日までで、どうにか2位は厳しくても3位にはなれるかもしれないところまでこぎつける。

それまでの間、主に並走していたのは、今まで絡んだことのない方だった。

 

ツイッターでも見かけたことがないし、知っている誰かが名前を変えているわけでもなさそう。

はて、誰だろう?

と思いつつ、仕方がないので絡むことなく並走。

 

(勝負後にツイッターで確認、フォローさせていただきました)

 

そんな折、callmeの新曲「Hello No Buddy」が発売になり、家に届く。

以前レグルスとの2マンで行われたリリースイベントの時に購入したものだった。

それにはDVDがついてきている。

 

観たい。

 

誘惑に負けて、スクメロのイベント最終日前だというのに、観てしまった。

 

そこには、リリースイベントでしか3人を観たことがない自分にとっては衝撃ともいえる、本格的なライブで躍動する3人がいた。

 

最初はちらっと見ながらスクメロを進めるつもりだったというのに。

 

手を止めて、

何度も、

何度も、

繰り返し、

寝落ちするまで、

再生を繰り返し、

観てしまった。

 

え、こんなにライブってすごいの!?

 

白状すると、自分はレグルスが初現場である。

ライブと呼べるものは、それこそ1月の舞浜で行われたあの伝説のレグルスライブしか知らないのである。

大好きなHKT48のライブすら、(映画館でのライブビューイングは何度か行ったが)DMM配信でしか観たことがないくらいの在宅っぷりである。

 

現場に行ったわけでもないのに、DVDの映像を、家のインチたいしたことないテレビモニターで観ただけなのに。

 

なんか、くぎ付けだった。

 

ステマのつもりはない、本当にただの感想。

 

その日は、スクメロができなかった。

そのことに全く後悔はない。

 

最終日。

昼頃になり、4位から上がれなさそうだと悟ると、ポイント調整に入る。

しかし。

カロンのデータは持っていても、メドレーのデータは全く持っていなかった。

ポイントはそろそろ70万の大台。

ここミスったら絶対恥ずかしいことになる。

 

というわけで、慎重にポイントを近づけていく。

残り、614。

ここからの調整には、息子のアカウントを使わせてもらった。

easyやnormalをいろんなパターンでクリアし、点数を抜き書きしていく。

こうして、614に合う数字を探し始めたのだが・・

 

1曲に費やす時間が長く、作業は難航した。

 

15時に仕事が終わった妻を迎えに行き、妻にも手伝ってもらいながら、さまざまなパターンで試行錯誤する。

f:id:witchhat:20180311103609j:plain

恥ずかしながら、そのときのメモを一部公開。

完全に手作業。

汚い字だけどw

 

メモ内容を軽く解説すると・・

難易度の組み合わせ、コンボとスコア、3曲目クリアするかどうか(クリアするならコンボとスコアまで)、ユニットに香澄ハヅキを入れるかどうか、得たスコア、カッコ内は614まであといくつか。

 

その結果、17時近くになってやっと答えを見つけ出す!

 

難易度4・5 コンボAスコアS 3曲目コンボAスコアS ボーナス20% 獲得404

難易度4・6 コンボ無スコアS 3曲目失敗 ボーナスなし 獲得210

この2つをこなせば、めでたく614ポイント!!

f:id:witchhat:20180311104659p:plain

もうね、力技もいいところである。

 

JUSAさんのようにExpertの難易度21・22などで綺麗に決めたいところだが、ポイント調整が素人なもので、泥臭く決めていく。

 

最後、数字を見つけてくれたのが妻だったこともあり、感謝しきれない。

ひとりでは間に合わず、とりあえずの組み合わせで699999ptになっていたことであろう。

 

最後の最後で、思わぬ共同作業になったが、この作業は本当に楽しかった。

 

というわけで、このイベントを無事完走。

次回は・・ごめん本当に走らないかも。

資金ためて推しの実装とリアルイベントに備えないといけない。

(とかいいながら、無理のない程度には楽しみますよ)

 

長々と書いてしまったが、ここまで読んでくださり恐悦至極。

スクメロ、新曲も香澄曲だしまだまだ遊びまくろう!

f:id:witchhat:20180311104625p:plain

happy go lucky = 楽天的な、のんきな

という意味らしい(必死に調べた)

これからも、楽天的に、いきあたりばったりに生きていきたい。

 

ひたぎさんが、作曲者に関するツイートをしていたので、こちらも作曲者にプレイ前ではあるがツイッターで接触を試みた。

するとなんとお返事をいただき、感動するとともに、はやく13日になって新曲「Happy Go Lucky」がやりたくなってきたぞ!!